華原朋美 ファンクラブサイト閉鎖でも返金なし方針でファンとトラブルか – ライブドアニュース

Date:



 歌手・華原朋美(47)のファンクラブが、会費の返金対応をめぐってファンとトラブルになっていることがわかった。返金なしとの方針を受けて、「消費生活センターに問い合わせた」と語るファンもいた。

【写真】今から約20年前のファン感謝イベントでの華原

 華原は6月5日、〈昔からのファンの人は本当に大事に出来ません一人のファンの女の子への嫉妬、ひがみで攻撃をする〉とファンのあいだで“いじめ”が発生していることをTwitterで明かした。華原はいじめられたとされるファンに寄り添う姿勢を示し、〈これからは、ファンクラブサイトを今新しく作ってますがかなり厳しくする予定ですので宜しくお願いします〉と宣言した。

 ファン同士のトラブルを受けてファンクラブサイトのリニューアルを決断した華原に対して、ネット上では称賛する声も寄せられたが、急きょ閉鎖が決まったファンクラブサイトが新たな火種となった。華原ファンのAさんが証言する。

「5月末をもってファンクラブサイトの閉鎖が発表されましたが、会費の返金対応はしないと言うのです。『更新期日までは引き続き、ファンクラブサイトの閲覧・利用が可能』というのを返金しない理由にしていますが、いくら閲覧・利用が可能と言っても更新はされないわけですし、たまに朋ちゃん本人も参加していたグループチャット機能はもう閲覧・利用もできません。

 私は月会費を1年分まとめて支払っていたので、返金対応がないのはショックです。私はレギュラー会員でしたが、さらに高額な会費を支払っていたVIP会員の方々もいます」(Aさん)

 華原の公式ファンクラブ「TOMOMI KAHALA FC」は2020年12月にオープンし、月額500円のレギュラープランと月額3000円のVIPプランが設けられていた(どちらも1年分まとめ払いで10%オフ)。VIP会員で会費をまとめ払いしていた場合、今回のファンクラブ閉鎖により、会員ひとりあたり数万円が戻ってこないこともありえる。

 ファンクラブサイトの掲示板で示された「返金対応なし」との方針に対して、ファンから抗議のコメントが相次いでいる。しかし、事務所のマネージャーからもファンクラブの運営元からも返信がない状態だ。

「年会費の件は、消費生活センターとカード会社に相談しました。皆さんも返金されると良いのですが……」(Aさん)

 ほかのファンにも取材したところ、返金対応について同様の証言を得ることができた。大勢のファンが事態に困惑しているが、彼女たちには大っぴらにクレームを入れられない事情がある。

「少しでも朋ちゃんや事務所に対する批判めいたことを言うと、Twitterアカウントをブロックされてしまうのです。朋ちゃんが言う“ファン同士のいじめ”というのも、実際は彼女と特定のファンとのSNS上での過剰なやり取りがトラブルの原因なのではないかと言われています。でもブロックされるのが怖いので、ほとんどのファンはおかしいと感じることがあっても、大っぴらに声を上げることができません」(Aさん)

  今回の問題で、華原を応援することをやめた人も少なくないだろう。

返金トラブル、弁護士の見解は?

 華原のファンクラブサイトは、ファンコミュニティのプラットフォームサービスを運営する『Fanicon』の中で開設されていた。『Fanicon』では、多くのアーティストや俳優などがファンコミュニティを作っており、開設コミュニティは2000を超えている。ファンクラブ会費の返金をめぐる今回のトラブルについて、エンタメ法務に詳しい貞永憲佑弁護士に見解を聞いた。

「まず返金請求については、このファンクラブ会員権が『誰と誰のあいだで契約されたものなのか』を考える必要があります。ファンクラブサイトの運営会社『Fanicon(ファニコン)』のサービス利用規約を見ると、運営会社と会員との直接契約であると記載した条項がありました。この規定に従うと、会員と運営会社、タレントと運営会社がそれぞれ別々に契約しており、“会員とタレントは直接の契約関係にない”ということになります。つまり、ファンの会費の支払先も、仮に返金が認められる場合の返金請求先も、タレントではなく運営会社=Fanicon側になるということです」

 なお、華原の所属事務所『伝元』にファンとのあいだで起きている返金問題について問い合わせたところ、期日までに回答はなかった。また、ファンクラブサイトの運営会社であるFaniconからは「すべての料金及び手数料は返金できません、と利用規約に明記しております」との回答があった。

「ユーザー様やマスコミの皆様をお騒がせしてしまったことは大変心苦しく思っております。Faniconはアーティストの方とファンの方が気持ちよく使っていただけるサービスにしていきたいと考えておりますが、まだまだ道半ばであると感じています。今回いただいたユーザー様からのご意見等を精査して今後対応策を検討してまいりたいと考えております。なお、個別のコミュティに関する件については回答を控えさせていただきます」(Faniconサポートデスク)

 Faniconからの回答をあらためて貞永弁護士に伝えたところ、「まだファンクラブサイトの閲覧自体ができるなら、返金されるかはケースバイケースでしょう」と返ってきた。

「コンテンツが更新されるとか、タレントがチャットに参加するなどはあくまでファンクラブ側と具体的に約束されたサービスではないという可能性もあります。ファンクラブのサービスが提供されているという状態が続いているのであれば、返金請求が通るかどうかは微妙なところです。最終的には事前に予告されていたサービス内容、中のコンテンツ量、機能などによって結論が決まってくると思います。逆に、コンテンツの更新やチャット回数などを事前に約束していれば返金請求できるかもしれませんが、具体的にそういうことがあったかどうかはわかりません」(貞永弁護士)

 このままファンの納得がいく解決は、迎えられないのか──。

};

// Load the SDK's source Asynchronously // Note that the debug version is being actively developed and might // contain some type checks that are overly strict. // Please report such bugs using the bugs tool. (function(d, debug){ var js, id = 'facebook-jssdk', ref = d.getElementsByTagName('script')[0]; if (d.getElementById(id)) {return;} js = d.createElement('script'); js.id = id; js.async = true; js.src = "https://connect.facebook.net/ja_JP/sdk" + (debug ? "/debug" : "") + ".js"; ref.parentNode.insertBefore(js, ref); }(document, false));

Share post:

Popular

More like this
Related